カードセッション

先づ、具体的に問う。のが1番です。
私は〇〇したいと思うから、アドバイス頂戴!
私は〇〇するために、今やるべき事は?
私はこの出来事から受け取るべきものは?
自分は〇〇やろうとしているけど、この道でOK?

などなど。
ココロが弾むようなメッセージなら、
素直に受け入れられるでしょう。
背中を押してくれるメッセージは励みになります。
心強く前に進めます。

仮に答えが
その時の自分にとってしっくりこなくても、
キーワードは必要な時に現れます。

しっくりこないカードメッセージに対しての
あなたの感情に対して
日常的な中で、目に入って来た言葉や
聞こえて来た言葉。誰かが言った言葉、音楽。

あなたの感情に問いかける何かが
現れる事があります。
ココロを沿わせてみましょう。

その時の自分のココロと向き合ってみて下さい。
メッセージは忘れて構いません。
思い出したら、やりたくなったら
その時のあなたの思いのままに。
動いてみるなりして下さい。
強制は全くありません。

カードからのメッセージを自分の意思なしに、
守ることも、制限することもしなくてよいのです。

目の前に現れた体験や感情に
自分がどう感じて、どうしたいのか。

決めるのは自分。
それが一番大切です。
そもそも、自分のために自分で引いたカードなのですから。
イヤがる事を自分でしなくてもいい。

手に取り、オープン。
目に映るカードからのメッセージは、
あなたのココロを揺り動かすきっかけ。
カードのメッセージは深い場所からの言付けです。