すみなすものは

時代とともに、
烈風の如く、命を燃やし、


幕末の風雲児の異名を持つ高杉晋作。


「おもしろき こともなき世を おもしろく
 すみなすものは 心なりけり」




 望めば欲。
何かのため、誰かのため、でなく。



心の中にすまう祈り。


祈りの中で触れることができる

いのちという鼓動。

さぁ、

わたしという

いのち。


このカラダを大地に還す日まで
何したい?

そして

わたしという祈りの中に
何をみる?


ゆるりら-ロミロミ&アクセサリー雑貨-

[ココロとカラダの充息サロン] ロミロミ/ハワイアンリラクゼーション・各種セラピーセッション posta/アクセサリー雑貨、ワークショップmoani/ロミロミリラクゼーション他【要予約】

0コメント

  • 1000 / 1000