疑い アリ。の処方箋。

「熱が39度2分あるんだけど。」
「病院に行った方がいいかなぁ?」

息子ちゃんから20時すぎの電話。


「病院、もうやってないでしょ...。
とりあえず、近くの病院ネット検索して、
診療時間確認してみ?」

「やってない。自宅に呼ぶか寝るしかない。」


自宅に呼ぶか??


私もネットで調べたら、夜間往診してくれる!

彼は過去高熱が出たとき、2度経験している
心配な症状がある。

速攻、スマホで電車時刻調べて。
とりあえずの支度をバッグの中に詰めた。

新幹線乗り込み、24時に到着。

彼の顔色と目をみて。
目はハニワになってない。
それと、食欲と元気はあったので、
とりあえず朝を待って病院へ行くことに。


インフルの検査は陰性。
風邪薬と、ロキソニンの2種類が処方された。  

陰性とはいえ、
まだインフルエンザの可能性も消えないので、
ロキソニンは服用せずに
風邪薬を飲んで様子をみて下さいと。


熱を下げたいのに何故??

風邪薬のみ服用で、38度台の体温と、腹痛。
朝になっても熱は下がらず、別の病院で再検査。


→→インフル陰性。[診断]感染性胃腸炎。←←


処方された薬はお腹の薬3種類。

夕方になっても熱は下がらない。
「あー!だり〜!」とシンドそう。

病院へ電話して、
前日に処方されたロキソニンを一緒に服用して
大丈夫か確認。

OKが出たのでロキソニンも服用。

服用後、数時間寝て起きて、36度台。


「どーりで、軽くなったと思ったぁ〜♫」
「ところで、俺どこでもらってきたんだろ?」



( ̄▽ ̄)

知らんわ。



私は...というと
彼が寝ている間、ちらっと昼寝してみたり。

「おかー、少しゆっくり本でも読むか、
映画でも観てれば?」
そう言ってくれたけど、そこはマグロな母さん。


そのうち、水回りや部屋の汚れが目について...。
洗濯機回しながら、お掃除おばさんに変身。笑笑

それと水分とお腹に優しい食べ物買い込んで。


家路。帰宅。
娘ちゃん、息子ちゃんの病状を尋ねながら、
「お母さんがぶっ倒れないでよ!」だって。

そーいえば、
息子ちゃん宅へ行くのを決断した数分前、
娘ちゃんと、軽い親子喧嘩してたんだった。

彼女にもいい薬になったかもね。

ゆるりら-ロミロミ&ヒーリング&アクセサリー

ゆるりら〜充息と美養〜 *moani* ロミロミ/ハワイアンリラクゼーション 各種セラピーセッション アストロ☆オルゴナイト *posta* アクセサリー雑貨、ワークショップ Rumi.co I 静岡県伊東市

0コメント

  • 1000 / 1000